知っておくべき税金の事

##URL_CONT##

知っておくべき税金の事

バイナリーオプションの税金に関しては税務署に行って自分で聞いてきてくれ、と言いたい所ですが今日はバイナリーオプションで珍しく4勝1敗。利益が出て気分がいいので税金についてまとめてみます。

まず注意して欲しいことが、国内のバイナリーオプションで利益が出た場合にかかる税金は「深刻分離課税」で処理されるということ!

そして海外のバイナリーオプションで利益が出た場合の税金は「総合課税」で処理されるということ。

「申告分離課税」について、説明すると、その名の通り分離して申告するもの「給与所得とは別に、私はこれだけ他の副収入がありますよ」というものを別の税率で計算するものを言います。

もう1つの「総合課税」は「給与所得と他の副収入を合算して同じ税率で税金の計算をしますよ」というもの。

このように海外と国内では税金の計算方法が違うのです。

実は、初めに言っておけばよかったですが、バイナリーオプションの利益に対する税金の計算にはある法則があって、これを知れば国内と海外のどちらで取引をした方が税金が安いのかがわかります。

その税金に関する法則とは・・・?

年間の給与所得にバイナリーオプションの利益を足した合計額が695万円以下の場合は海外でバイナリーオプション取引をした方が安いです。

逆に、バイナリーオプションで得た利益だけを足した合計の金額が695万円以上の場合は国内でバイナリーオプション取引をした方が安いという法則です。

これを知ったからと言って、695万円も利益が出るか?と言ったらそういうことは無いと思いますが、結論として海外バイナリーオプションを利用する方が税金は安くなりそうですね。